写真集

人物写真を主軸に活動していると、必ず「谷」がやってくる。

特に、ほぼ毎日仕事撮影に忙殺され、アウトプットだけが続くと、

アイデアは枯渇していく。

自分は凡才なので、1ヶ月もすればカラカラになってしまう。


そうなる前に、割と写真集を購入してくる。

書店や古本屋で目にした、ちょっと気になる写真集。

好きな写真家さんや好きなタレントさんが割合として多く、

どちらも好きな人同士の組み合わせだったりすると、もう間違いなく買う。


一昨日、近所のBOOK OFFで、元々気になっていた写真集が出ていたので、

買ってきた。

この2冊。

手前の写真集「KARTE」は、写真家、笠井爾示さんがファッションモデルの竹下玲奈さんを5年間に渡り、プライベートで撮影してきたものだ。

「カルテ」と名付けられた写真集は、まさに見続けた事の記録だ。

ファッションモデルとしては、信じられないであろう表情や衣装もあるけど、そのどれもが服がメインのモデル写真じゃなくて、竹下玲奈さん「そのもの」を写し出してる。


下に置いてあるのは、モデル泉里香さんの2nd写真集。

元々、泉里香さんが素敵だなと思っていたところに、写真家の三瓶康友さんが撮ったと知り、気になっていた1冊だった。

モグラ (モデルもグラビアもする)女子の走りだった泉里香さんの魅力が詰まっている1冊だ。


こうやって、不定期ではあるが写真集を購入する事により、色々な事を思い巡らす。

ロケーション選び、衣装、メイク、モデルとのコミニュケーション、

構図、自然光なのか人工光なのか、機材の選定、焦点距離の感覚、自分に無いものや忘れている事を思い出したり、次回撮影への参考書としてインプットしていく。


こういう地味で泥臭い事は、何かと避けられがちだろう。

しかし、この積み重ねが新しい何かを作る根源だと思っている。

115回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 by AKIRA INOUE PHOTOGRAPHY