top of page

廃墟巡り

札幌に緊急事態宣言が出されて以降、仕事もリスケや白紙になったりで、

嫌と言うほど時間が余ってしまっていた。

しかし、「密を避けろ」の見えない圧などですっかり出不精になってしまっていた。


家にいる間はNetflixやAmazonプライムで映画を見たり、Youtubeでオカルト系のチャンネルをみたりで時間を潰している。


Youtubeのオカルト系チャンネルは国内も海外も「心霊スポット探索」が流行っているようで、世界中の有名なスポットにYoutuberが出向いている。 曰く付きの廃墟だったり、トンネル、池、昼間は観光地になってる崖などの景勝地。


実は自分も廃墟が好きだったりする。


先日、1年に1回くらい撮影する子と少し廃墟探索に行ってきた。

細かい場所は伏せるが、道内の人なら察しがつくであろう場所である。


戸建ての住居が廃墟化するのも良いが、団地などの集合住宅が丸ごと廃墟化している方が、滅亡感と言うか「世界の終わり」みたいな感覚があって好みだったりする。 この場所はGooglemapで見つけて、一度訪れたいと思っていた場所。 手前の団地も奥の団地も廃墟になっている。

この写真では分からないが、Googlemapの衛星写真だと、どちらの建物も屋根が崩れているのが見て取れる。

集合玄関には鍵が掛かっているので内部は窺い知れないが、割と2Fより上は綺麗な状態で残っていそうである。


しかし、ここまでの道中も廃墟アパートが点在しているのと、舗装はされていても狭い山道、尚且つ外灯も満足にあるわけでもないので、夜来るのは相当な勇気が必要そうな感じだ。


この地域にはこのように廃墟が点在しているが、昨シーズンの大雪の影響もあるのか、

以前から知っている廃墟が、ことごとく倒壊していた。

あと数年もすれば、かなりの数の廃墟が自然に戻っていくのかも知れない。

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年大晦日

早いもので2023年も最終日。 年々、1年が早く過ぎるのを実感してます。 「5歳児の1年は人生の1/5だけど、50歳の1年は1/50だから短く感じる」 なんて言われてますが、多分そうなんでしょう。 1年を振り返れば、あんな事やこんな事・・・と思い出されますが、 総じて「皆さんのおかげ」がピッタリな1年でした。 コロナが明け、本格的に世の中が動き出した今年ですが、実際は経済的に以前に戻った実感に乏し

新たな車(思い出の車 後編)

21歳の時に最初の車を手にした。三菱ギャランVR4の初期モデル。 当時自衛官だったが、その時の先輩に譲ってもらった。 WRCで活躍していた車だと知っていたのもあって、とにかく嬉しかった記憶がある。 なんせ、購入してすぐにタイヤ+ホイールを新調し、たいした知識もないのにショックアブソーバーまで注文。 パーツが届き、取付の際にショップ店員から 「本当に交換するんですか??」と言われ、リフトされた車を見

思い出の車(前編)

2023年も終わりに近づいてきた。 1月に1個記事を書いたが、なんとなく内容がまとまらないのでお蔵入りさせてしまった。 その後、SNSそのものから距離も開いてしまい、あれほど熱心にFBなどに投稿していたのが嘘のように、SNSとの関わりが薄くなってしまった。 先日、車を変えた。 それまで7年間MAZDAにお世話になってきたが、いよいよ足回りなどにガタが出てきてしまい、やむなく入れ替えとなった。 コン

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page