光を切る

SNSを見ていると、クリップオンストロボのアイテムも増え、

手軽にストロボを使って作品撮りしてるのが分かる。

解説本も何種類も出て、如何にして光を作るかに重点が置かれている。

カラーフィルターで色を変えたりなど多様だ。



が、しかし。 「光を切る」事に言及している本を、ここ1、2年で発刊されたものの中に見た記憶がない。

実はこの「光を切る」事はストロボを使う上で重要だったりする。

余計な光を回さない技術は、白ホリのスタジオで人物を撮ったり、

ブツ撮り・メニュー撮りでも大切なテクでもある。


「フラッグ」と呼ばれる専用のアイテムから、黒ケント紙、レフだったりと種類は様々だが、機会があれば、この光を切るって技術を是非覚えてもらいたい。


このメニュー写真も、余計なところに光が行かないように、 黒のスチレンボードでカットしている。

光を使い切るためには様々な技術がある。

だからストロボ撮影は面白い。

95回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

商売の難しさ

早いもので2021年も6月になってしまった。 昨年からのコロナウィルスによる各種宣言などもあって、今までに無いくらい時間が余っている。 「何とか踏ん張らないとなぁ」と思っていた矢先に知人が亡くなった話が入ってきた。 知り合った時に知人はフリーランスのカメラマンをしていた。 後々、軸足は別な仕事に変わっていたが、それでも職業はカメラマンを名乗っていた。 数年前は一緒に撮影に出てた事もあるし、専業のカ