光を切る

SNSを見ていると、クリップオンストロボのアイテムも増え、

手軽にストロボを使って作品撮りしてるのが分かる。

解説本も何種類も出て、如何にして光を作るかに重点が置かれている。

カラーフィルターで色を変えたりなど多様だ。



が、しかし。 「光を切る」事に言及している本を、ここ1、2年で発刊されたものの中に見た記憶がない。

実はこの「光を切る」事はストロボを使う上で重要だったりする。

余計な光を回さない技術は、白ホリのスタジオで人物を撮ったり、

ブツ撮り・メニュー撮りでも大切なテクでもある。


「フラッグ」と呼ばれる専用のアイテムから、黒ケント紙、レフだったりと種類は様々だが、機会があれば、この光を切るって技術を是非覚えてもらいたい。


このメニュー写真も、余計なところに光が行かないように、 黒のスチレンボードでカットしている。

光を使い切るためには様々な技術がある。

だからストロボ撮影は面白い。

95回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい楽しみ

また随分と間隔が空いてしまった・・・ 世の中は相変わらずの自粛ムードで、活気がないね(汗 かく言う自分も仕事は激減しているので、時間だけは余ってる。 お金は余ってないけども・・・(汗 この空いてる時間を使って、8月中旬からYoutubeをやり始めた。 カメラマンがYoutubeをやり始めると、内容は大体同じになる。 撮り方から始まって、ネタが尽きて機材紹介の流れになるんだけども、 その手のチャンネ

廃墟巡り

ついでに・・・

先ほどのブログで廃墟のことを書いたけど、中身でオカルト系Youtubeに触れたので、 ちょっと続きを・・・ 1個前のブログで「空いてる時間にオカルト系Youtubeを見ていた」と書いたが、 以前までは国内のチャンネルを視聴していた。しかし、とあるまとめチャンネルで海外のオカルトYoutubeを見た時に物凄い衝撃を受けてしまい、それ以来、海外Youtuberのオカルトチャンネルにハマったのである(