top of page

レンズ


バタバタと仕事が詰まっていて、すっかりブログから離れてしまっていた。

おまけに軽いギックリ腰にもなってしまい、すっかり外に出ない生活に(汗


予定していた撮影も1個リスケにしてもらったりだったけど、何とか落ち着いてきたタイミングで、SONYさまのご好意により機材一式を借り受けてきた。

昨年から様々なタイミングで機材を借りていたのだけど、現在のCANONで構築したシステムを変えるまでの魅力みたいなものは感じていなかった。

標準ズームの24mm-70mm F2.8 なら現在使ってるEFでも十分だし、望遠も70mm-200mm F2.8だって同じく十分だ。




しかし、今回借りてきた機材の中に、85mm F1.4GM (Gマスター)というレンズがあり、

これがとにかく使っていて気持ちが良かった。

近年のレンズなので、性能的には不満はない。強いて言えば、フォーカス スピードが早ければなお良しという感じだ。

今回は全て「開放」つまりF1.4で撮っている。大口径の単玉を開放で使えば、ピントの薄さのためにピンボケを発生させやすいが、このレンズ、とにかく食いつきが良い。

瞳AFとフォーカスエリアの広さなどのカメラ自体の基本性能の高さにも助けられ、ジャスピン率が高かった。


SONY α自体、あっさりとした味付けで、色もCANONと違い派手さが無い。

だが、このレンズを使い撮影した写真は扱いやすいニュートラルな感じで、RAW現像時に追い込める事が出来れば、凄く綺麗になる事も分かり、認識を改めた。

写りも柔らかく、身近な家族・彼女・彼氏など誰を撮影しても、喜ばれるんじゃないだろうか。

個人的にも気になる1台&1本だ。 【撮影データ】 α7RIII + FE1.4/85 GM

上 : SS 1/1600 、f1.4 、ISO 100 下 : SS 1/1000 、f1.4 、ISO 100


閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年大晦日

早いもので2023年も最終日。 年々、1年が早く過ぎるのを実感してます。 「5歳児の1年は人生の1/5だけど、50歳の1年は1/50だから短く感じる」 なんて言われてますが、多分そうなんでしょう。 1年を振り返れば、あんな事やこんな事・・・と思い出されますが、 総じて「皆さんのおかげ」がピッタリな1年でした。 コロナが明け、本格的に世の中が動き出した今年ですが、実際は経済的に以前に戻った実感に乏し

新たな車(思い出の車 後編)

21歳の時に最初の車を手にした。三菱ギャランVR4の初期モデル。 当時自衛官だったが、その時の先輩に譲ってもらった。 WRCで活躍していた車だと知っていたのもあって、とにかく嬉しかった記憶がある。 なんせ、購入してすぐにタイヤ+ホイールを新調し、たいした知識もないのにショックアブソーバーまで注文。 パーツが届き、取付の際にショップ店員から 「本当に交換するんですか??」と言われ、リフトされた車を見

思い出の車(前編)

2023年も終わりに近づいてきた。 1月に1個記事を書いたが、なんとなく内容がまとまらないのでお蔵入りさせてしまった。 その後、SNSそのものから距離も開いてしまい、あれほど熱心にFBなどに投稿していたのが嘘のように、SNSとの関わりが薄くなってしまった。 先日、車を変えた。 それまで7年間MAZDAにお世話になってきたが、いよいよ足回りなどにガタが出てきてしまい、やむなく入れ替えとなった。 コン

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page