top of page

1年前・・・

2019年8月16日にα7R3を購入した。

ちょうど1年とほんの少し過ぎた事に気が付いたので、

1年前の画像フォルダを開いてみた。




新しいカメラをテストしたくて、たしか好美ちゃんにモデルをお願いしたのを

覚えている。

RAWデータのフォルダと、現像したTIFFのフォルダを見てみると、

・・・とにかく色がひどい・・・。

当時の現像【RAWデータの色味調整】だけのデータはこちら


30年間のキャノン生活で、とにかくマゼンダに振ろうとして酷い事になっている。

コントラスト高めにしたくて、今見るとどれも破綻してる(汗


1年ちょっとSONY機を使い、色々と分かって来た事もあったので、ついさっき同じRAWデータを、今の自分のフローで現像し直してみた。


随分ナチュラルになった。

この写真も【色調整のみ】の現像だ。


そもそも、1年前の自分はキャノンの色を再現したくて、色々とこねくり回した結果、

何ともひどい色にしていた。

しかし、キャノンをSONYで再現する必要はない。ましてや、自分で撮った写真の着地点は自分が知っている。どういうテイストで、どんな空気感でというのは、撮った本人しか分からない事だ。


そういう部分を大事にしてRAW現像に臨めば、メーカーの色に惑わされず、誰かのプリセットを使わずとも、自身のオリジナルを大切にした写真を作り出す事が出来るのではないだろうか。


SONYに乗り換えた事によって、写真を作るプロセスを見直す事が出来たのは、

今更ながら良い経験になったと思う。

閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年大晦日

早いもので2023年も最終日。 年々、1年が早く過ぎるのを実感してます。 「5歳児の1年は人生の1/5だけど、50歳の1年は1/50だから短く感じる」 なんて言われてますが、多分そうなんでしょう。 1年を振り返れば、あんな事やこんな事・・・と思い出されますが、 総じて「皆さんのおかげ」がピッタリな1年でした。 コロナが明け、本格的に世の中が動き出した今年ですが、実際は経済的に以前に戻った実感に乏し

新たな車(思い出の車 後編)

21歳の時に最初の車を手にした。三菱ギャランVR4の初期モデル。 当時自衛官だったが、その時の先輩に譲ってもらった。 WRCで活躍していた車だと知っていたのもあって、とにかく嬉しかった記憶がある。 なんせ、購入してすぐにタイヤ+ホイールを新調し、たいした知識もないのにショックアブソーバーまで注文。 パーツが届き、取付の際にショップ店員から 「本当に交換するんですか??」と言われ、リフトされた車を見

思い出の車(前編)

2023年も終わりに近づいてきた。 1月に1個記事を書いたが、なんとなく内容がまとまらないのでお蔵入りさせてしまった。 その後、SNSそのものから距離も開いてしまい、あれほど熱心にFBなどに投稿していたのが嘘のように、SNSとの関わりが薄くなってしまった。 先日、車を変えた。 それまで7年間MAZDAにお世話になってきたが、いよいよ足回りなどにガタが出てきてしまい、やむなく入れ替えとなった。 コン

bottom of page