top of page

自分の時間


この仕事をしていると様々な人と知り合う。仕事上で知り合った方や趣味で写真を楽しんでいる方々だ。当然そういう中には「危険人物」みたいな人も含まれ、嫌な気持ちや不快な思いをさせられたりする。 昨年は、いちいち自分の嫌いな人間の動向をSNSのメッセンジャーで送ってくる人がいた。 いや嫌いかどうかは分からないが、その対象になった人がSNSに投稿した事を教えてくれる。しかもちょっと小馬鹿にして。


写真に関する質問などは対応していたけど、さすがにその手のモノは無視していたが一向に収まる気配も無く、やむなくキレた。

他人の事を告げ口のように送ってくる相手にどう思われようが知ったこっちゃない。 結果、そういう事に煩わされずに自分の時間を確保する事に成功した。 撮影の現場から離れて自宅PCの前に座ると、各種連絡や納品データの制作などやる事は多い。だからこそ、乗り気になれない事に時間を割きたく無いわけだ。

ちょっとでも自分の時間が欲しいなら、物事の取捨選択は必須だ。

閲覧数:310回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年大晦日

早いもので2023年も最終日。 年々、1年が早く過ぎるのを実感してます。 「5歳児の1年は人生の1/5だけど、50歳の1年は1/50だから短く感じる」 なんて言われてますが、多分そうなんでしょう。 1年を振り返れば、あんな事やこんな事・・・と思い出されますが、 総じて「皆さんのおかげ」がピッタリな1年でした。 コロナが明け、本格的に世の中が動き出した今年ですが、実際は経済的に以前に戻った実感に乏し

新たな車(思い出の車 後編)

21歳の時に最初の車を手にした。三菱ギャランVR4の初期モデル。 当時自衛官だったが、その時の先輩に譲ってもらった。 WRCで活躍していた車だと知っていたのもあって、とにかく嬉しかった記憶がある。 なんせ、購入してすぐにタイヤ+ホイールを新調し、たいした知識もないのにショックアブソーバーまで注文。 パーツが届き、取付の際にショップ店員から 「本当に交換するんですか??」と言われ、リフトされた車を見

思い出の車(前編)

2023年も終わりに近づいてきた。 1月に1個記事を書いたが、なんとなく内容がまとまらないのでお蔵入りさせてしまった。 その後、SNSそのものから距離も開いてしまい、あれほど熱心にFBなどに投稿していたのが嘘のように、SNSとの関わりが薄くなってしまった。 先日、車を変えた。 それまで7年間MAZDAにお世話になってきたが、いよいよ足回りなどにガタが出てきてしまい、やむなく入れ替えとなった。 コン

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page