緊急事態宣言と引きこもり

「緊急事態宣言」のおかげで、自宅でゆるりと過ごしております。 ブログ書くにはちょうどいいね。


月末の書類関係も終わり、あとは確定申告関連。

でも、ちょっと伸びたのかな?期限。

まぁいいや。


イノウエの現場をサポートしてくれてた兼成くんが、

先月の1日から川崎市に移住し、関東圏でカメラマンをやってます。

度々掛かってくるLINEの電話だと、繋がりも無く友人も居ない。 当然仕事もまだまだ無いに等しいので、時間だけがあるとの事。


まぁ、最初はそうだろうから軌道に乗るまで頑張るしかないなぁ・・・。

軌道に乗っても、今回のウィルス騒動もあるから、いつ何が起こるか分からんもんね(汗


2016年2月に知り合って丸々4年。

色々と経験して、売れっ子になって欲しいものです(笑

この土日は家で過ごしていたので時間があり、HDDを整理しながらアマプラとネトフリにどっぷり浸かった生活でした。

ダメ人間まっしぐら。昨年の8月よりSONYのカメラを使うようになり、 個人的な撮影だとストロボの使用頻度が激減してしまいました。

その為に、写真のテイストが柔らかくなり、得意だった「パキッ」とか「バリッ」みたいな

硬いテイストとはほど遠くなっている状態。


なので、今回の引きこもり期間はアイデア収集と技術の確認に費やしてます。

特に映像作品の構図は勉強になるのもあり、映画やMVなども見まくりです。

元々、スチールよりもムービーのカメラマンの方が、構図がビシッと決まってますもんね。

そこにライティングが施されてるので、スチールカメラマンには良い勉強になります。


色々なところからアイデアや学びを得て、もっと上手く撮れるようになればと思ってます。




66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

商売の難しさ

早いもので2021年も6月になってしまった。 昨年からのコロナウィルスによる各種宣言などもあって、今までに無いくらい時間が余っている。 「何とか踏ん張らないとなぁ」と思っていた矢先に知人が亡くなった話が入ってきた。 知り合った時に知人はフリーランスのカメラマンをしていた。 後々、軸足は別な仕事に変わっていたが、それでも職業はカメラマンを名乗っていた。 数年前は一緒に撮影に出てた事もあるし、専業のカ