top of page

比べると言う事


写真をやっている者が集まると必ず「誰がうまくて、誰が下手」という話題になる。

職業カメラマンの場合は利用者やクライアントの利益・幸福度に直結するので、当然下手なら問題がある。この場合の下手は、あくまでも「技術的」な面においてだけども。


が、しかし仕事を離れたり、趣味として撮ってる写真の上手い・下手は何だろう。

技術的には稚拙でも素晴らしい写真はいっぱいある。

つまり、それほどまで曖昧なモノが写真の正体なんじゃないだろうか。


自分の中で分かったのは、その写真が上手い(良い)と思えるのは、人生の中で「何に触れてきたかで決まる」と言う事。

人にはそれぞれの人生がある。なので、眺めてきたモノは当然違う。

だからこそ違う価値観で物事を判断してるわけだ。

生きていく中で触れたり見たりした美しい物や、綺麗、カッコいいなどの蓄積が自分の美的センスになって現れてくる。

だから、そこを他者と比べても意味が無い。

比べるべきは自分。自分との闘いだ。昨日撮った写真よりも1歩先へ進む。


明日の自分を目指して、また撮ろう。

閲覧数:287回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年大晦日

早いもので2023年も最終日。 年々、1年が早く過ぎるのを実感してます。 「5歳児の1年は人生の1/5だけど、50歳の1年は1/50だから短く感じる」 なんて言われてますが、多分そうなんでしょう。 1年を振り返れば、あんな事やこんな事・・・と思い出されますが、 総じて「皆さんのおかげ」がピッタリな1年でした。 コロナが明け、本格的に世の中が動き出した今年ですが、実際は経済的に以前に戻った実感に乏し

新たな車(思い出の車 後編)

21歳の時に最初の車を手にした。三菱ギャランVR4の初期モデル。 当時自衛官だったが、その時の先輩に譲ってもらった。 WRCで活躍していた車だと知っていたのもあって、とにかく嬉しかった記憶がある。 なんせ、購入してすぐにタイヤ+ホイールを新調し、たいした知識もないのにショックアブソーバーまで注文。 パーツが届き、取付の際にショップ店員から 「本当に交換するんですか??」と言われ、リフトされた車を見

思い出の車(前編)

2023年も終わりに近づいてきた。 1月に1個記事を書いたが、なんとなく内容がまとまらないのでお蔵入りさせてしまった。 その後、SNSそのものから距離も開いてしまい、あれほど熱心にFBなどに投稿していたのが嘘のように、SNSとの関わりが薄くなってしまった。 先日、車を変えた。 それまで7年間MAZDAにお世話になってきたが、いよいよ足回りなどにガタが出てきてしまい、やむなく入れ替えとなった。 コン

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page