比べると言う事


写真をやっている者が集まると必ず「誰がうまくて、誰が下手」という話題になる。

職業カメラマンの場合は利用者やクライアントの利益・幸福度に直結するので、当然下手なら問題がある。この場合の下手は、あくまでも「技術的」な面においてだけども。


が、しかし仕事を離れたり、趣味として撮ってる写真の上手い・下手は何だろう。

技術的には稚拙でも素晴らしい写真はいっぱいある。

つまり、それほどまで曖昧なモノが写真の正体なんじゃないだろうか。


自分の中で分かったのは、その写真が上手い(良い)と思えるのは、人生の中で「何に触れてきたかで決まる」と言う事。

人にはそれぞれの人生がある。なので、眺めてきたモノは当然違う。

だからこそ違う価値観で物事を判断してるわけだ。

生きていく中で触れたり見たりした美しい物や、綺麗、カッコいいなどの蓄積が自分の美的センスになって現れてくる。

だから、そこを他者と比べても意味が無い。

比べるべきは自分。自分との闘いだ。昨日撮った写真よりも1歩先へ進む。


明日の自分を目指して、また撮ろう。

284回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

商売の難しさ

早いもので2021年も6月になってしまった。 昨年からのコロナウィルスによる各種宣言などもあって、今までに無いくらい時間が余っている。 「何とか踏ん張らないとなぁ」と思っていた矢先に知人が亡くなった話が入ってきた。 知り合った時に知人はフリーランスのカメラマンをしていた。 後々、軸足は別な仕事に変わっていたが、それでも職業はカメラマンを名乗っていた。 数年前は一緒に撮影に出てた事もあるし、専業のカ