top of page

師匠・高橋和敏(後編)

師匠が写真に興味がなかった話は前編で記したが、

事実、所謂「プロ」として活動したあとも、絞りや露出に関してのこだわりが少なく、

一見適当に撮ってるようだが、アガってくる写真はドンピシャなものしかなかった。


本人に質問した事がある。


「なんで、その場所に行っただけで光が分かるんですか?」と。


師匠は「分かるんだよ」としか言わなかった」

多分、場数を多く踏んでいるので、もう目が慣れてしまっていたのだろう。


また、機材にも一切こだわりが無く、

カメラは基本中古。現行機材の二代前が当たり前で、レンズも当初はF2.8通しのズームだったが、それが調子悪くなると、絞りが可変するズームを使っていた。


「どうせストロボ使って絞るから変わらんだろ」と。


撮影全般に渡って全てこの調子なので、当初は「大丈夫かな?」なんて思ったが、

実は機材スペックなんかよりも重要な事を、後々教えてくれたと今では思っている。


それは写真の中身と構図。光と影のバランス。

影の入りが綺麗だと、光の当たっている「見せたいところ」が際立ってくる。

構図が綺麗に収まっていると、安定感が出て上手と思わせる事が出来る。

何事もバランスの上に成り立っている事の重要性がわかってくる。


拘っているところが、写真の中身だった師匠の「直アシ」に約2年つき、

そのマインドに影響を受けて、自分は様々な事へのこだわりが少なくなり、

いつしか「対象物をバランスよく綺麗に写す」という事のみに執着するようになっていった。

閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年大晦日

早いもので2023年も最終日。 年々、1年が早く過ぎるのを実感してます。 「5歳児の1年は人生の1/5だけど、50歳の1年は1/50だから短く感じる」 なんて言われてますが、多分そうなんでしょう。 1年を振り返れば、あんな事やこんな事・・・と思い出されますが、 総じて「皆さんのおかげ」がピッタリな1年でした。 コロナが明け、本格的に世の中が動き出した今年ですが、実際は経済的に以前に戻った実感に乏し

新たな車(思い出の車 後編)

21歳の時に最初の車を手にした。三菱ギャランVR4の初期モデル。 当時自衛官だったが、その時の先輩に譲ってもらった。 WRCで活躍していた車だと知っていたのもあって、とにかく嬉しかった記憶がある。 なんせ、購入してすぐにタイヤ+ホイールを新調し、たいした知識もないのにショックアブソーバーまで注文。 パーツが届き、取付の際にショップ店員から 「本当に交換するんですか??」と言われ、リフトされた車を見

思い出の車(前編)

2023年も終わりに近づいてきた。 1月に1個記事を書いたが、なんとなく内容がまとまらないのでお蔵入りさせてしまった。 その後、SNSそのものから距離も開いてしまい、あれほど熱心にFBなどに投稿していたのが嘘のように、SNSとの関わりが薄くなってしまった。 先日、車を変えた。 それまで7年間MAZDAにお世話になってきたが、いよいよ足回りなどにガタが出てきてしまい、やむなく入れ替えとなった。 コン

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page