ビデオカメラの購入

動画用のカメラを買いました。 理由がいくつかあるので、ちょっとブログにしようと思い立ちました。 よろしければ読んでみてください。


では早速。


・理由その1  最近のクライアントさんは「デジ一眼動画」を知っている事が多く、

 またWEB広告に動画コンテンツを作れないか模索していたり・・・

 その流れで

「イノウエさんのカメラって動画撮れないっすか??」  なんて聞かれる事もここ数年あり、その都度”サービス”の一環で動画撮影に応じたりし てたのですが、現場でありがちな事の1つに「安易なサービス、際限無くなりがち」状態 になってしまい、求められる事と対価のバランスが難しくなってきてました。


・理由その2

 上記理由にくっつくのですが、この「動画撮れる」という認識は、時に首をしめます(笑

 そう、突然「記録」としての動画を求められる事が度々出てきました。

 ”2時間超えのステージ”とか”活動の記録”などなど・・・

 しかし、所有しているミラーレス一眼は動画は撮れるけど、「29分の壁」があり、

 連続で30分録画すると、自動的に録画が止まってしまうわけです。

 これでは連続で撮影するのは不可能です。

 2台使って編集時に頑張るという選択肢も考えましたが、ちょっと現実的じゃない

 気もしてきて却下。


・理由その3

 そうこうしてるうちに、割とビデオ撮影が重要な仕事の依頼があり、

 ここ数年の事を考えて、仕事道具を言い訳に購入を決意しました(笑


ビデオの事など素人なので、何がいいのか分からずに年末くらいからネットを回って、

情報収集した結果、候補は2台に絞られました。

1台はPanasonic HC-X1500 or HC-X2000のどちらか。

もう一台はSONY HXR-NX80


なぜこの2台かと言うというのは明日(笑

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

商売の難しさ

早いもので2021年も6月になってしまった。 昨年からのコロナウィルスによる各種宣言などもあって、今までに無いくらい時間が余っている。 「何とか踏ん張らないとなぁ」と思っていた矢先に知人が亡くなった話が入ってきた。 知り合った時に知人はフリーランスのカメラマンをしていた。 後々、軸足は別な仕事に変わっていたが、それでも職業はカメラマンを名乗っていた。 数年前は一緒に撮影に出てた事もあるし、専業のカ