ついでに・・・

先ほどのブログで廃墟のことを書いたけど、中身でオカルト系Youtubeに触れたので、

ちょっと続きを・・・ 1個前のブログで「空いてる時間にオカルト系Youtubeを見ていた」と書いたが、

以前までは国内のチャンネルを視聴していた。しかし、とあるまとめチャンネルで海外のオカルトYoutubeを見た時に物凄い衝撃を受けてしまい、それ以来、海外Youtuberのオカルトチャンネルにハマったのである(汗 ー 何でハマってしまったか ー

まず違いを説明すると、

国内の場合はYoutuberが心霊スポットと言われる場所に「肝試し」的なアプローチで赴き、

視聴者と恐怖を共有する構成が多いのに対し、海外はガッツリ「調査」だったりする。

当然、肝試し的な要素もあるが、カメラも4、5台使って様々な現象を捉えようとし、

音声収録、周波数ホッピングをさせて霊の声を捕まえて会話してみたり・・・


最近はディスカバリーチャンネルも本格的な心霊調査を番組にしていたりと、海外ではオカルトに科学でアプローチしてるのだ。


ー実際に居るのか居ないのかー これは正直何とも言えない。 現象として様々な機械に捉えられていても、どこまでがノンフィクションでどこからがフィクションか分からない。

唯一本物かもなぁと思えるのは生配信中に起こる現象だ。


それでも世界中にある心霊スポットに、夜な夜なYoutuberが出向き、様々なアプローチで霊魂の存在を捉えようとしている。 特にロシアのYoutuberチャンネルはチャレンジングな内容が多い。

そしてお国柄なのか、霊魂も幾分パワフルだ(笑


ロシアのオカルトYoutuberで一番驚いたのは、廃墟に置いてあったアコーディオンが勝手に演奏されたものだ。

突然鳴り始めたアコーディオンの音に驚いたYoutuberが、慌ててその部屋にカメラを持って行くと、棚の上に置いてあったアコーディオンが小さく左右に動きながら、蛇腹が伸びたり縮んだりを繰り返し音を鳴らしていた。 その部屋にはもう1台定点でカメラが置いてあって、そちらの映像にはアコーディオンが鳴る直前に黒い影が楽器の後ろで動いている姿も捉えられていた。


そんな事が起きても、そのロシアの青年はそこに留まって様々な調査を続け、最終的には家具や物が飛び交い始めて、身の危険を感じて家を出るという内容だった。


ドキュメンタリーなのかモキュメンタリーなのか不明だが、とにかく凄い映像の連続だった。


「あなたの知らない世界」の再現ドラマに恐怖を感じていた子供時代には、科学で説明のつかない物に対する恐怖心しか無かったが、大人になった今は「本当に存在するのか」と言う探究心が勝っている。だが心のどこかでは「畏怖の念」みたいな大切な物を忘れてはいけない気もしている。 最後におすすめのロシアのオカルトYoutuberを紹介する。 興味があれば是非見てもらいたい。 DARK GHOST Paranormal https://www.youtube.com/channel/UCuExmfyE7M9l5XDA6fdC0WQ

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

廃墟巡り

商売の難しさ

早いもので2021年も6月になってしまった。 昨年からのコロナウィルスによる各種宣言などもあって、今までに無いくらい時間が余っている。 「何とか踏ん張らないとなぁ」と思っていた矢先に知人が亡くなった話が入ってきた。 知り合った時に知人はフリーランスのカメラマンをしていた。 後々、軸足は別な仕事に変わっていたが、それでも職業はカメラマンを名乗っていた。 数年前は一緒に撮影に出てた事もあるし、専業のカ