α7IIIという選択(前編)

SONYのミラーレス一眼を使うまでの過程は、前々回と前回のブログに簡単に書いたが、

今回はメーカー変更、そして追加購入が「α7III」だった理由を記していこうと思う。


正直な意見を言えば、まだSONYのαシリーズは未完成のカメラだと思っている。

ユーザーは分かると思うが、撮影していてバッファが一杯になってくると、

カメラ全体のパフォーマンスが低下する。 AFポイントを動かすダイヤル類や諸々の動きが悪くなる。

また、SDカードに記録している間は、各種操作も受け付けない。


自分のα7R3もSONYから借りたα7R4も高画素機だが、その傾向が顕著だ。


メニューの階層も慣れるまで大変だし・・・

まぁ言い出せばキリがない。


しかし、写し出された写真は抜群に綺麗だ。

特に様々な要因がカッチリとハマった時の写真は、3Dかと思うほどの立体感があったり、

「飛んでしまったかな?」「潰れてしまったかな?」という場面でも、

ソフト上で補正をすると諧調が残ってたりする。


つまり、細かい不満はあるものの、大きな目で見れば「抜群の心臓」を持っている。

スィートスポットが狭く、扱いに難はあれど、速いエンジンだ。



α7R3を購入し、約1年使ってみて、色の傾向や扱い方・現像のプロセスを理解してきた事もあり、今回乗り換えを決意した。

2台目を選ぶにあたり、第一候補はまぎれもなくα7R4だった。

昨年9月に出て、SONYは公式にはアナウンスしてないが、職業カメラマンが使うにあたり、申し分ない性能を持っている。


けど、自分はα7IIIを選択した。


200回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 by AKIRA INOUE PHOTOGRAPHY